読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マボヤ育成日記

なんでも吸収しておいしくなる

マボヤを知っていますか?

みなさんマボヤを知っていますか?

 

いや、そもそもホヤを知っているでしょうか?

 

マボヤHalocynthia roretzi)はマボヤ目マボヤ亜目マボヤ科のホヤです。

一体何者なんでしょうか?

 

とにかくユニークな生き物なのですが、細かい説明はいつかするとして、マボヤを知ってもらうには写真を見ていただくのが手っ取り早いですね。

こいつらです↓

f:id:kchiba_mas_ynu:20161019065537j:plain

 

こいつらが自分の研究の相棒であるわけですが、実は食べれます。

宮城県では盛んに養殖されていて地元の人々に親しまれています。

ちなみに、こんな感じで養殖してます(海から引き揚げたとき)↓

f:id:kchiba_mas_ynu:20161019070142j:plain

海を1000倍に濃縮したような味がして、大好物の食材のひとつです!

将来はオイスターバーならぬホヤバーを開くのが夢です!そんくらい好きです!

おみやげに持ち帰って研究室の仲間に食べてもらったことがあるのですが、大ひんしゅくをかいました(なぜ)。留学生のバングラッデシュ人に食べさせると「ファ!?クレイジー!ファ〇ク」と言って(若干誇張)、急いで実験室で口をゆすぎに行ってました笑。

とっても美味しいんですが(少なくとも自分は、、、)、万人受けする味ではないことは事実のようです。

気になった方はご賞味あれ。横浜そごうの地下に売ってたような気がします。

 

 

ちなみに、ホヤを食べた後に水を飲むと…水が超~甘く感じるようになります!

 

続く

 

参考:

佐藤矩行編, (1998)ホヤの生物学, 東京大学出版会

宮城県HP 伝統的漁具漁法ホヤ(2016/10/19閲覧)

伝統的漁具漁法ホヤ - 宮城県公式ウェブサイト