マボヤ育成日記

なんでも吸収しておいしくなる

ソフトボール大会

先週木曜日、アメリカ大統領が決定した翌日に化学・生命系学科研究室対抗ソフトボール大会がありました。

早朝からの試合でしたが、メンバーにはちゃんと集まっていただき感謝しています。

さてまず第1試合の相手はY・U研です(化学EPで今回初めて知った)。

事前に相手にはソフトボールの投手経験者がいるという情報を掴んでいましたが、当日は出場しなかったようです。

まず、負け先攻で初回一挙10得点の大量リードを奪いました。

その後2回をランナーを出しつつも無失点に抑え見事勝利しました!

自分の成績はというと1打数1安打1四球とまずまず(安打は右翼線ポテンヒット…)。

1回戦

益永・中井研 ○ 10 vs 0 ● Y・U研

これはイケる!という雰囲気が出てきて俄然勢いが増してきます。

 

続いて第2試合の相手はM・T研です。
初戦の勢い止まらずまずは初回に4点を先制しました。

その裏は無失点に抑え、若干油断気味に…。

その悪い予感は的中し、2回裏に2アウトからエラーが重なり失点。

またこちらのミスを見逃すほど相手の打線は甘くなく連続で長短打を浴び、9失点で逆転。
制限時間ギリギリで2回を終え、3回に反撃のチャンスを残しました。

 

その裏は下位から繋ぎ、見事に3点を返したもの敢無く敗戦。

MNT研の夏が終わりました。

2回戦

益永・中井研 ● 7 vs 9 ○ M・T研

正直、優勝を本気で狙っていただけに残念ですが、相手にも多くの経験者が居たようでなかなか難しかったですね。

自分の攻撃面でのミス(走塁死・三振)も流れを悪くしてしまう要因になってしまったかなと反省しています。

負けてはしまいましたが、個人的には1本特大な当たりを打つことが出来たので満足です(柵があればHR…)。

来年は今年の反省を生かしてぜひベスト4入りを目指してほしいと思います!

2016年度卒論中間発表

28日にB4の卒論中間発表がありました。

当合同研究室からは6名が発表しました。

みな堂々と発表していてスライドもよく、自分のときよりも遥かにレベルが高かったなぁと思います。

答えにくい質問もありましたが、しっかりと受け答えできていたと思います。この点も例年よりもよく出来ていたと思います。

主に工学的な視点からの質問が多かったと感じますが、ぜひいただいた質問を役立てて研究に深みを出していっていただきたいと思います。特に益永研は残りわずかですから、ぜひ何らかの発表報告に繋がるような成果を残して去って行ってくれることを期待しています。

とまあ偉そうなことを言っていますが、自分も最後のまとめに向かって、やるべきことをしっかりとやって、「たつ鳥あとを濁さず」に去れるようB4を見習いながら精進します。早速、MNTゼミ(全体ゼミ、10/27)でいただいたすべてのコメントを研究に反映したいと思います。

 

中間発表の後は、リアルアメリカンクラブと打ち上げがありました。

リアルアメリカンクラブでは前回王者や中華新星の前になすすべなく敗れ去りました。

その後の打ち上げは、三か月間滞在する留学生OBでAssistant ProfessorのSさんのWelcom partyも兼ねて行われました。雨の中M1がお料理を用意してくれましたが、リアルアメリカンクラブの影響もあってみな箸が進みませんでした…

 

再来週はソフトボール大会なのでMNT研究室にタイトルをもたらせるよう頑張ります!

そして北海道日本ハムファイターズ日本一、やったー!

リアルアメリカンクラブ(Real American Club:RAC)

研究室のイベントの紹介です。今回は…

 

リアルアメリカンクラブ

...リアルなアメリカ人の生活をするクラブ(及びその活動)です!

 

当研究室の有志3人と北大出身者(元祖RAC)により2015年4月に結成された歴史のあるクラブです。

具体的な活動内容は、アメリカン基準の量のファストフードを食事に取り入れるというものですが、平たく言えば暴食です。

先輩2名が研究室を巣立っていたことにより活動が休止されていましたが、10月28日のB4中間発表後、打ち上げ前にとうとう復活するようです!

トライ・ウィザード・トーナメントの復活並みの衝撃です

振り返ればRACの活動は

 

第1回ハンバーガー6個+コーラ1.5L

第2回横須賀海軍基地のピザ一人一枚+ポテトL+コーラ1.5L

第3回ミスドたくさん

第4回ハンバーガー6個+コーラ1.5L

第5回クリスマスケーキ1ホール

 

と着実に歩みを重ね、

この長い歴史の中で新たな早食いスター(現M1)が誕生するなど常に目の離せない戦いが繰り広げられてきました。

長い休止期間のあとの今大会は高い注目度を誇り、過去最大の参加者数が見込まれています!そしてハンバーガーノルマは過去最高の8個となる模様。

1年のブランクを置いて食が細くなりつつある自分にとっては、非常に厳しい戦いが強いられることが予想されますが、RAC@YNU創設者の一人として新参者に負けるわけにはいきません。

開催間近ですが、しっかりとコンディションを整えて力を最大限に発揮できるよう備えたいと思います。

以上

 

(この歳になってこういうアホなことばかりやってる研究室です(^^;))

 

マボヤを知っていますか?

みなさんマボヤを知っていますか?

 

いや、そもそもホヤを知っているでしょうか?

 

マボヤHalocynthia roretzi)はマボヤ目マボヤ亜目マボヤ科のホヤです。

一体何者なんでしょうか?

 

とにかくユニークな生き物なのですが、細かい説明はいつかするとして、マボヤを知ってもらうには写真を見ていただくのが手っ取り早いですね。

こいつらです↓

f:id:kchiba_mas_ynu:20161019065537j:plain

 

こいつらが自分の研究の相棒であるわけですが、実は食べれます。

宮城県では盛んに養殖されていて地元の人々に親しまれています。

ちなみに、こんな感じで養殖してます(海から引き揚げたとき)↓

f:id:kchiba_mas_ynu:20161019070142j:plain

海を1000倍に濃縮したような味がして、大好物の食材のひとつです!

将来はオイスターバーならぬホヤバーを開くのが夢です!そんくらい好きです!

おみやげに持ち帰って研究室の仲間に食べてもらったことがあるのですが、大ひんしゅくをかいました(なぜ)。留学生のバングラッデシュ人に食べさせると「ファ!?クレイジー!ファ〇ク」と言って(若干誇張)、急いで実験室で口をゆすぎに行ってました笑。

とっても美味しいんですが(少なくとも自分は、、、)、万人受けする味ではないことは事実のようです。

気になった方はご賞味あれ。横浜そごうの地下に売ってたような気がします。

 

 

ちなみに、ホヤを食べた後に水を飲むと…水が超~甘く感じるようになります!

 

続く

 

参考:

佐藤矩行編, (1998)ホヤの生物学, 東京大学出版会

宮城県HP 伝統的漁具漁法ホヤ(2016/10/19閲覧)

伝統的漁具漁法ホヤ - 宮城県公式ウェブサイト

 

ブログ始めました!

ブログを始めました。

自分の研究を引き継ぐ人はおそらくいないのかなと思うので、自分の研究に関することを発信していきたいと思います。

また、益永・中井&竹田研究室(MNT研究室)の体制も残りわずかなので自分の視点からその様子を残していきたいと思っています。